Freedrumの使用を始める(macOS)
概要
このチュートリアルでは、以下のことを学びます:
1
センサーの充電とアップデート
2
センサーの正しい装着
3
Freedrumアプリのダウンロードと接続
4
センサーを足用またはスティック用に設定する
5
ドラムレイアウトの設定
1. センサーの充電とアップデート
1.1 センサーを充電する:
ご使用前に、同梱のケーブルを使ってセンサーを充電する必要があります。
充電は同梱のデュアルUSBケーブルを使って行うことができます。
充電時、LEDは赤く点灯します
充電には1時間強かかります
充電が完了すると、赤いLEDが消えます
1.2 Sensorwareをダウンロードする:
Sensorwareを使って、Freedrumをワイヤレスで最新センサーファームウェアにアップデートできます。
最新ファームウェアはV9です。
最新ファームウェアにアップデートされていないと、センサーの接続や、Freedrumアプリを使ってプレイができません。

Sensorware | iOS

Sensorware | Android

1.3センサーをアップデートする:
Sensorware アップデート
Freedrum FirmwareはFreedrumセンサー内部で作動するテクノロジーです。このテクノロジーには頻繁に更新が行われていますので、常に最新バージョンとなっていることを確認してください。

1.3.1 Freedrum Sensorwareアプリを開きます

1.3.2 Freedrum Sensorsをオンにします

1.3.3 アプリのリストからセンサーを選択します

1.3.4画面のいちばん下までスクロールして、"Check for Sensorware Update" を選択します

1.3.5 "Update" を選択します

1.3.6アプリがセンサーのアップデートを行います。これには90秒程度かかります

1.3.7 この間、センサーをオフにしたり、アプリを閉じたりしないでください

1.3.8 すべてのセンサーについてこの作業を繰り返します

1.3.9 アップデートされたセンサーに接続するには、Sensorwareの再起動が必要となります
2. センサーの正しい装着
センサーを装着する
図示のようにセンサーをスティックに装着します。装着する際、以下の点にご留意ください:

2.1 四角のボタン・LEDが自分に近い位置になっている。

2.2 小さいストラップはスティック用です。

2.3 大きいストラップは足用です。

2.4 センサーを2個しかお持ちでない場合、スターターキットを購入するとさらに2個入手できます。

足センサー
3. Freedrumアプリをダウンロードし、接続する
3.1 Freedrumアプリをダウンロードする:
Freedrumアプリで、Freedrumセンサーを使って演奏ができます。12個のパッドをお好きなように設定できます。3百万通り以上のセッティングで、好きな位置に楽器を配置できます。リバーブを追加したり、メトロノームを使ってテンポに合わせてプレイしましょう。

アプリストアでダウンロードする
3.2 Freedrumアプリに接続する:
次に、Bluetoothを使ってセンサーをMacに接続します。

3.2.1BluetoothがMacで有効になっていることを確認してください―Macの設定を開き、Bluetoothをオンにします。

3.2.2 Freedrumアプリを開き、左上のsettingsボタンを押します。

3.2.3 設定メニューに入ったら、右上のconnectionsボタンを押します。これで、デバイスのMIDI Bluetoothメニューが開きます。

3.2.4 まだセンサーがオンになっていること、青色に点滅していることを確認してください。これは接続対象を検索中であることを意味します。

MIDI経由で接続する

3.2.5 メニューにすべてのセンサーが表示されたら、各センサーにつき "Connect" を選択して接続します。

3.2.6 すべてのセンサーが接続されたら、ウィンドウの "x" をクリックしてメニューを閉じます。
4. センサーを足用またはスティック用に設定する
センサーを特定し、設定を行う
1個のセンサーを動かすと、左側のセンサーメニューで、そのセンサーの横に赤いバーが表示されます。

スティックに装着する場合、右側のメニューのStickの横のボックスをタップします。

足に装着する場合、右側のメニューのFootの横のボックスをタップします。

すべてのセンサーについてこの作業を繰り返します。

どのオプションを選ぶかによって、センサーで使える設定の種類が決まります。
5. ドラムレイアウトの設定を行う
5.1 Editモードに入る:
センサーのアップデート、充電、接続が完了しました。あとはドラムキットの設定だけです。Freedrumアプリの最新バージョンでは、お使いのキットに様々な設定を行うことが可能です。ドラムやシンバルをお好みの位置に置くことで、左利き・右利きに対応し、プレイヤーに合ったプレイスタイルに設定することが可能となります。

Editモード

はじめに、右上のドラムのアイコンを押します。これでeditモードに入ります。

editモードに入ると、ドラムキットにお好みの数だけパッドを加えることができます。ここでは例として、標準的な7ピースキットをセットアップしてみましょう。
5.2 ゾーンを追加する。
ゾーンを追加する

はじめに、上のレイヤーへのパッド追加ボタンを3回押します。これでキットの上のレイヤーにパッドが4つできました。さあ、楽器を追加しましょう。
5.3 楽器の割り当て:
楽器を割り当てる

はじめに、設定するパッドを選択します。いちばん左のパッドを選び、左上にクラッシュを追加してみましょう。
次にその右側にミッドタムを、その隣にハイタムを追加しましょう。
ライドシンバルを追加して、上のレイヤーの右側を仕上げましょう。
はい、これで上のレイヤーのセッティングが完了し、演奏する準備ができました。

次に、下のレイヤーに取りかかりましょう。

ゾーンを追加する

はじめに、下のレイヤーへのパッド追加ボタンを2回押します。これでキットの下のレイヤーにパッドが3つできました。

さあ、楽器を追加しましょう。

楽器を割り当てる

左下のパッドを選択し、ハイハットを探します。
次に真ん中のパッドを選択し、スネアを追加します。
最後に右のパッドにフロアタムを追加して、下のレイヤーは完成です。
足センサーが2つある場合、下に並んだ残り2つのパッドにキックドラムとハイハットを追加します。

設定を送信する

キットのセッティングが完了したら、ドラムアイコンがあったところのチェックマークボタンを押すと、設定内容がセンサーに送信されます。各ドラムを指でタップして、新しいキットをテストしてみましょう。音はどうですか?
次:Freedrumを使って演奏するには