FreedrumをGaragebandに接続する方法(iOS)

FreedrumをGaragebandに接続する方法(iOS)

センサーがお好み通り設定できましたので、ここではGaragebandへの接続方法をご紹介します。Garagebandは最も使いやすいDAWの1つで、iOSユーザーには無料なのもお得です!Garagebandを使って演奏、録音、作曲をすることが可能です。このチュートリアルではFreedrumをiOSデバイスに接続し、Garagebandで演奏する方法をご案内します。

  1. iOSデバイスでGaragebandを開きます。
  2. 新しい曲を作成します。

  3. スワイプしてドラムを見つけ、メニューからアコースティックドラムを選択します。
  4. So Cal ドラムキットにディフォルト設定されます。
  5. 右上の歯車のシンボルを押し、セッティングメニューを選択します。

  6. 一番下までスクロールして、詳細メニューを選択します。

  7. バックグラウンドで動作を選択(これを選択することでアプリが開いていなくてもセンサーは接続したままとなり、バッテリー消費を削減できます。)

  8. Bluetooth MIDI デバイスを選択します。
  9. GaragebandがBluetoothのデバイスに接続することを許可します。これをしないとセンサーを接続することができません。
  10. センサーの1つをオンにするとこのBluetoothのメニューに表示されます。「Not Connected」と表示されているセンサーをタップし、ペアリングをします。センサーが接続されます。
  11. この手順でセンサーを一つずつ接続していきます。
  12. メニュー設定を終了し、演奏準備完了です!

 

Connect Sensors to Garageband